面白い人たちに囲まれた凡人の日々

大学生としての日々を書いていきます。

ヨーロッパ企画って劇団知ってますか?

S先輩の下宿に泊まりに行ったある日の夜。

夏を思い浮かべる映画として
サマータイムマシンブルース」を挙げた僕に、S先輩が突如渡してくれた一本のDVD、そのタイトルが「曲がれ!スプーン」だった。

 

二つとも映画化されているが実はどちらも ヨーロッパ企画 という名の劇団のオリジナル上演作品なんだそうだ。

(´・∀・`)ヘー

 

というわけで・・・とりあえず見てみた!


 

 

ヨーロッパ企画「曲がれ!スプーン」 [DVD]

ヨーロッパ企画「曲がれ!スプーン」 [DVD]

 

 

 

おっ、、、面白い!劇ってこんなに面白いのか!

クリスマスの夜、ある小さな喫茶店に超能力者が集まる。オフ会的なノリで。皆どこか抜けてる微妙な能力ばかりなのだが、、、そこに入ってきた一人の男。エスパーたちは彼を仲間と思い、能力を披露して見せる。だが、実は彼は自称びっくり人間のただの一般人だった!!焦るエスパーたち、さらに男を面接するテレビ番組の担当者まで店に入ってきて・・・!?

 

というのが大まかなストーリー(笑)すでに面白い。後半になるにつれて独特の世界観に入り込んで違和感なく楽しんでる自分がいた。   ぜひ、おすすめです。

某大手企業の会長さんのお話し

4限が空きコマになったので、何か面白い講義ないかな〜

と潜りこんだら...

大企業のお偉い会長さんの講演会だった!

そこで紹介していたのはこんな本LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

ざっというと、これからは100年生きる時代だから働く期間が20年くらい伸びちゃいます。自分の生き方を考え直しましょう。

という話らしい。会長さんもそれを前提にお話ししていた。

 

何をしろ、とレールを引いてくれる会社は減っていく、その場その場で自分で考えて道を作っていく人材が求められる。と

これからの社会は変わるって大人は言う。証拠も実態もない『変化後の社会』を見せて煽って来る。ただそれだけを僕らに話す大人は、その変革に関わってるのだろうか?

僕にはそうは感じられない。なんだか無責任なことばかり言うな〜

て思って質問したりした18歳です。

 

結論、親切心で伝えてくれてんだから僕らはそれを聞いて自分なりに考えてしっかり生きていこう。

ということだと思いました笑

 

 

 

 

うまく言葉に出来ない感情

俺が生まれた頃から仲良くしてくれてる、にいちゃんみたいな人に子供が生まれた。

 

18年前、18歳のにいちゃんが俺を抱っこしてくれた。

そして今、その人の子供を俺が抱っこしてる。

うまく言葉にできないけれど、なんだか胸が熱くなった。

 

家族の暖かさに触れたとき、優しいお年寄りと話してるとき、身近な人の死を意識するとき、

涙が出そうになることありませんか?

そんな感じです。

 

普通の人って凄いんだよ

他大学の学生のイベント企画会議に誘われて参加した。

 

そこにはない視点。本来の目的(理念)やより良い手段(方法)。そんなことを考えて話してる人は少なかった。

 

終了後、誘ってくれた先輩との話でハッとした

『普通の人って凄いんだよ。今日みたいに、なんとなく集まって、なんとなく話し合って、こんな感じでいっか!って決めれるんだから。それって難しいことだよ。実際殆どの人がそうだし、多分社会はたくさんのそんな大人の力で動いてると思うから』

こんなこと考えたことなかった。個性的な人に囲まれてたら、忘れてしまいがちなことなのかもしれない。けど、きっと...

大切なことだ。

 

新たな目標が出来ました!

日本中を旅したい!

まだ見たことのない景色を五感で感じたい!

いろんな人の生き方、考え方を聞きたい!

 

時間を作って必ず旅に出かけよう。

本を読むことと、旅をすること。

今の俺に必要なのはきっとこの2つだ。

ある晴れた日の午後

実家に帰省したので、以前散歩中に知り合った近所のおじいちゃんに挨拶に行った。

年齢は82歳。家のペンキ塗りから自転車の修理まで大概のことは自分でやる元気な方だ。

最近お互いがしていること、また生き方や人生について、ゆっくり二人で話をした。

自分が80歳になれたとしたら、己の人生を振り返ってどう思うのだろうか?何か次の世代に継承できるものを持てているだろうか?

そんなことを考えると共に、『もう死を待つだけの身ですが...』と話す背中の曲がったおじいさんの姿を見ていた。

この素敵なおじいさんとの別れもいつか必ず訪れる。

当たり前のことが、とても悲しかった。

 

人は人生の終わりを意識したとき、何を思うのだろう...

その人の歩んできた道はどんなものだったろう...

自分の人生を振り返って何を思うのだろう...

そしてどんな風に今を生きているのだろう...

いろんな人に聞いて見たい。そう思った。

 

ほんと世の中いろんな人がいる

受験終わってから今まで、いろんな人に出会った。

 

飲食店の経営、林業、神社、外務省、市役所、大学教師、農業、建設業、大手企業、俳優、ベンチャー企業etc・・・。いろんなとこで働いている人がいた。

個人情報になってしまうくらい個性豊かで、自分らしい生き方をしている人もこの中にはいる。これは社会人だけども

 

頭めっちゃよくて海外進学する学生や、起業しようとしてる学生、一年なのにもう論文書いたりしてる学生、投資で儲けてる学生、

大学にもおもろい人はたくさんいた(笑)

そんな人、一人一人に会うたびに世界が広がるし、比較することで自分も見えてくる。これから自分がどう生きていくのか、まったく見当もつかない。けれど探し続けなくちゃいけない。そんなことを考えています。